借り入れのお金の限度額について

c

急にお金が必要になったり友人と旅行に行きたいけど、お金が足りないそんな時もあるかと思いますが、家族や友人に借りるという方法もありますがそれも少しバツが悪い。そんな時に考えつくのが消費者金融です。

でも、一体いくらまで借りられるのだろうか。希望の金額が借りられるのだろうかとそれが1番気になり確認してみたところ貸金業者は、年収の3分の1しか貸し付けてはいけないという決まりがあります。

たとえば、年収が300万の人の場合はお金借りれる限度額は、100万円になります。限度額の制限がなくいくらでも借りられると、月々の支払いが多くなり返済が難しくなります。

自分の収入に見合った金額が借り入れ健全な生活を送るようにできています。それが、生活を圧迫しないようにして守ってくれえるシステムだそうです。

それじゃあ、どうしてももう少しお金が足りないので別な会社からもう100万円借りたいと他の消費者金融に行ってもいいのでしょうか。

そうでは、ありません。全ての貸金業者から借り入れの合計が、年収の3分の1と決められています。1社で限度額を借り入れていたら他社でお金を借り入れることはできません。

こうしたことから言えるのは、借り入れする金額は、その人の年収が借り入れの上限を決めることになります。

他にもいろいろと審査があるのでこれだけでは必ず貸してくれるとは限らないですが、年収が高いほど借り入れの金額は高くなる可能性があります。

消費者金融の借り入れには審査が必要です

arrow

テレビや広告などで誰でもその場で即日融資や無人で受付とありますが、いくらまで借りられるのかわからず自分の希望上限融資を伝えることがあります。

ただ、素性のわからない人にいきなりたくさんのお金を貸してもらうのは難しいものです。そこで、消費者金融でお金を借りる時には色々な審査があって返済能力が可能かをチェックされます。

年収・職業・勤務形態や勤続年数・居住状況や賃貸や持ち家などや他社からの借り入れや配偶者や返済状況などが審査されます。

正社員や公務員など安定職業の方には、たくさんの借り入れをしてもらえる可能性が高いですが、パートアルバイトなども安定収入があると借り入れは可能。

ただ、正社員でお公務員でも他社から借り入れをしている場合は、審査が通らない場合があります。また通っても限度額は少なめになってしまいます。

審査は、使用情報に照会して調べられるので虚偽の報告は絶対にしてはいけません。嘘の報告をすると信用がなくなるので、返済能力も疑われてしまい借り入れの可能性がなくなります。

この人に貸しても返してもらえないかもしれないと思われかねません。最悪の場合は、賠償責任を負わされることになって他の消費者金融からも融資が行われなくなる場合もあります。

そのために、審査の時は正直に現状を伝えるのが大切です。審査には、嘘や偽りがなく正直に申告するのが大切です。

お金の貸し借りには、何よりも信頼関係が大切になります。また、融資を受ける時には、借りるのも大切ですが返済計画を立てて伝えていくのも大切です。

生活費はもちいろん突発的にお金が必要になることもあるのでそれも頭に入れて借り入れするとよいでしょう。借りるのは、簡単ですが返済は思いのほか大変になります。

消費者金融の信用もらうことが大切

限度額を借り入れしてもらうには、まずは信用が大切です。もちろん、返済期日を守り毎月決められた金額を返していくとこの人に貸してもきちんと返済してくれると信用を得ることができます。

初めて利用する時は、いくらまで借りられるのだろうか希望の金額を言えばいいのかと思っていましたが、まだ信頼関係が築けていないので10万以下ということも多いです。

いくらでも希望の金額を伝えたらいくらでも貸してくれるものと思っていましたが借りたお金を毎月きっちり返済していくこと大切です。

そうしているとこの人にお金を貸してもきちんと返済してくれるという判断をしてもらえて貸付金額も多くなることがあります。

本人の住所変更や職場の変更や電話番号などが変わった時も速やかに届け出を行うといいでしょう。突然、消費者金融の方が、連絡しようとしてつながらなかったとなるときちんと信用を連絡してくれないと思われて信用を失うことになります。

そして、もし信頼を得て限度額が上がっても借り入れしすぎには、気をつけたほうがいいです。限度額いっぱいに借りると当然、毎月の返済額も多くなってきます。

少しでも延滞や返済が遅れると今後の借り入れにも影響してしまいます。返済が滞ると他からお金を借りようとしたり、いつもお金のことを考えていなくてはいけなくなります。

最悪の場合は、ブラックリストに載ったり破産しなくてはならなくなります。テレビのCMにもありますが、利用には計画的な返済が必要になってきます。

計画的に利用して、有効的にお金を使っていくことがおすすめです。

消費者金融を利用するメリットとデメリット

tyousa

総量規制が適用されるようになってからというもの、若年層を中心として消費者金融を利用する方の数が、右肩上がりに急増しています。

そもそも消費者金融とは、個人と金銭消費貸借契約を結んでいる貸金業者の事に他なりません。借入残高が年収の3分の1を超えた場合は、新規借入れを行う事が出来なくなりました。

借り入れる金額によって差異はあるものの、金利は凡そ4.0%~18.0%に設定されています。

実際に利用されている方の数は、1300万人を超えているのが特徴的です。単純計算では日本人の10人に1人が、既に利用している事になります。

銀行系カードローン等に比べ比較的容易に借りられる事から、抜群の人気を誇っているのは言うまでもありません。

即日融資を利用する場合、担保は原則として必要ありません。電話やオンラインで申し込んだ後、即審査が行われます。

大口の融資(100万円以上)になると、審査を通過するのは非常に困難です。50万円以上借り入れる場合は、収入証明書を提出しなければなりません。数万円から50万円程度の、小口融資を希望されている方は是非ご活用下さい。

年収が200万円以上あり、正社員の方であればほぼ確実に通過すると言っても過言ではありません。パートアルバイトの方でも、安定した収入があれば審査に通る可能性はあります。

何より重視されるのは、安定した収入があるか否かという点です。

審査はスピーディーで、30分から40分程度で結果が通知されます。年収や勤続年数、他者からの借り入れ状況といったデータを元に、担当者が返済能力の有無を瞬時に判断するのが特徴的です。

銀行系カードローンのように、審査結果を数日に渡って待たされる事はありません。朝一番に申し込み審査をパスした場合はその日のうちに、融資希望額を指定された口座へ振り込んで下さいます。

利用する場合、抜群の知名度を誇る大手業者から借り入れるようにしましょう。頻繁にCMが流されているのに加え、有名人を起用している事から安心して利用する事が出来ます。

また闇金のように、法外な金利を請求する事は絶対にありません。何らかの事由で返済が遅れた場合でも、コンプライアンスを遵守した対応がなされますのでご安心下さい。

消費者金融を利用するメリットとは

消費者金融を利用するメリットは、主に4つあります。

1つ目が、インターネットから気軽に申し込めるという点です。これまでは店頭や自動契約機、電話にて申し込むのが一般的でした。ところが最近では、インターネット経由で融資を申し込むケースが、主流になりつつあります。
インターネットの場合、対面の煩わしさを感じる事がありません。各社の公式ホームページには、専用のフォームが設置されています。

フォームに必要事項を入力し、運転免許証等の画像を添付して送付するだけで、審査を受けられるのです。24時間申し込めますので、営業時間を気にする必要はありません。

審査を通過すると、カードが発行されます。自動契約機のみならず、提携先の金融機関やコンビニに設置してある、ATMにて引き出す事も可能です。

2つ目が、返済方法が多様であるという点です。店頭は勿論、銀行振り込みや現金書留、口座引き落としといった方法があります。なかでもお勧めしたいのが、ATMです。

即日融資、キャッシングを利用している事を、第三者に知られたくないと考えている方も少なくありません。口座引き落としを選択すると、通帳へ記載されてしまいます。

ATMを利用する場合、利用明細がその場で発行されますので安心です。

3つ目が、利用条件が設けられているものの、金利を安く抑えられる可能性があるという点です。初回利用時や、一定期間に限り金利ゼロのキャンペーンを行っている業者があります。

よりお得に借り入れたいと感じた時は、キャンペーンを行っている業者から借り入れましょう。

4つ目が、リボ払いが利用出来るという点です。リボ払いのメリットは、何と言っても毎月の返済額を一定額に抑えられるところにあります。支払う回数によって、返済額に大きな違いが出るようなことはありません。

また繰上、及び一括返済も簡単に出来ます。早く返済すればするほど、お得になる点も大きな利点だと言えるでしょう。

消費者金融を利用するデメリット

消費者金融を利用する最大のデメリットは、金利が高いという点に他なりません。平均すると4.5~18%の間で設定されているのが特徴的です。

金利は借り入れる金額によって変動するものの、額が小さくなればなる程高くなりますので、ご注意下さい。長期間に渡って借り入れると、金利の負担が大きくなってしまいます

デメリットを軽減させる為にも、手持ちのお金にゆとりが出来た場合、即返済する事が大切です。利便性が高い事から、容易に借り入れると借金の総額(元金+金利)ばかりが増えてしまいます。

返済計画をしっかり立て、余裕のある範囲内で借り入れる事こそが、デメリットを無くす事に繋がるでしょう。